スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編:カブトムシの採り方

 こんばんは、いよいよ、夏休みに入り、毎年、甥と連れ立ってカブトムシやクワガタ採りに行く季節になりました。今夜辺りは、風もなく生温い空気で、カブトムシ採り日和になりそうです。

 そう、カブトムシ達は、とっても夜遊び好き。。飼育していて夜中にガサゴソやってるの見かけた事があると思います?
 私達は、大体、7時過ぎ~9時頃までの採取で、毎年、20匹以上は見つけ、その内、オス2匹・メス3匹・クワガタ1匹程度キープして甥が持ち帰って育ててます。そして、生まれた卵・幼虫を育て、翌年、森に帰す、何かちょっぴり良い事した気分。

 で、採取のポイントは、昼間にくぬぎの木などにカナブンやスズメバチ・蝶々・蛾などが、樹液を吸ってる↓の様な場所を探しておき、無風で暑苦しい日の夜に採りに行くとかなりの確率で、カブト達が居るかと思います。(先に人が来てたら、あきらめて次回に)

 また、クワガタは、幹の隙間に隠れてる事が多いです。その時は、ピンセットや枝でやさしく出し採取、決して木を剥がしたり壊さないように

 幸い、私達のポイントは、神社裏(夜の神社は、超こぇー)の散歩道沿いと山手のキャンプ場にあり、足場が良い所しか行かないので軽装で大丈夫ですが、場所に拠っては、念のため長ズボン・長そでが無難かも?です。(スズメバチも注意)

 もう一つ、キャンプ場近くのポイントは、公園だから照明が灯ってて、下の芝生にノコギリ・ミヤマが、ひょこっと落ちてて、簡単に採れたりします。業者らしき人も居るけど、家族が多く来てます。

 自分は、少年時代に早朝、友達と出かけたものですが、甥や姪に採ってあげるようになってから、夜の方が、こんなに居るんだと驚きました。

 以上、自分らの採取方法ですが、何せ夜ですから、良い子は、必ず大人と一緒に行って下さいね!
 
カブトムシ1

 今年は、まだ行ってないので、↑↓人の写真をお借りしてます。こんな感じのポイントを見つける事ができたら、多い時には、5、6匹集まってたりします。
カブトムシ2

 また、慣れると樹液やカブトムシの匂いが自然に感じられるようになって、今日は、居そうだってワクワクしますよ。何か、金魚よりも熱く語ってしまいました・・・
スポンサーサイト

| NEXT>>

プロフィール

まるちゃん2号

Author:まるちゃん2号
昨夏、突然金魚飼育に目覚めました。熱帯魚中心だった水槽が金魚だらけに・・あれから1年が経ち、可愛くて愛嬌たっぷりの金魚を眺めながら、にんまりしています。

訪問者数
元気玉エリア
ついでにポチッとエリア
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

爬虫類・魚類、ときどき人類。

オスビーのビーシュリンプ日記

金魚 伝心伝承 / 金魚飼育参考書
リンク
楽天エリア
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
CM曲エリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。